2014年06月14日

W杯開幕、いきなりの騒動

ワールドカップが開幕した。注目の開幕戦はブラジルが3−1でクロアチアを退け、優勝に向けて順調なスタートを切った。とは言え、クロアチアも強かった。やはり、本大会に出てくるチームは一味違う。また、前回優勝のスペインがオランダに1−5で大敗。予想外のスコアになるゲームがいきなり出てきた。

さて、そのブラジル−クロアチア戦であるが、この試合の焦点は、勝ち負けより西村主審の微妙なPK判定に向けられている。確かに、人によってはファウルを取らないかもしれない「グレーな」場面ではあった。しかし、ビデオで見る限り、実際にDFの手が相手の肩にかかっていたのは事実で、それで倒れたのか、あるいは勝手に倒れた(シミュレーション!?)のかを判断するのが主審の役目。西村主審は前者だと判断したのだと思う。私も過去、何試合も主審をしてきたが、微妙な判定というものは、どちらの判定を下しても、必ずどちらかのチームが異議を唱える。クロアチアが異議を唱えている今回の件も、ファウルを取らなかったら、逆にブラジル側が文句を言うだろう。微妙な判定というのはそういうものである。
 一瞬の判断で笛を吹くか吹かないかを決めるのは大変な仕事である。ましてやワールドカップともなればなおさら。主審がファウルだと感じて笛を吹いたら、その試合ではそれはファウルなのだ。1次リーグが終わるまで騒動は収まらないかもしれないが、騒動の渦中にいる西村主審にはエールを送りたいと思う。
posted by guzzan at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL

2014年05月11日

明日発表

ワールドカップの日本代表メンバーが明日発表される。新聞やTVでいろいろと予想されているが、果たしてサプライズはあるだろうか?サプライズとは大方の予想に反していた場合のことであり、大久保や中村憲が選ばれてもサプライズではなく(以前も選ばれている)、まだほとんど代表に選ばれたことがない選手の場合に「サプライズ」ではないか? そう考えると、セレッソの南野や山下、広島の塩谷などがそれに当たる。個人的には南野あたりが「サプライズ」で入ってほしいと思っているのだが...さてさて、全ては明日の午後である。

 話は変わるが、今日は春の交流試合が彦根であり、私も試合に出場してきた。晴れっぱなしの暑い1日であった。3日ほど前に練習中に右足付け根の裏側を少し傷めたので気をつけてやろうと思っていたが、試合前のシュート練習で右足を強振したところ、さらに痛くなった。試合には出たが、やはり満足には走れず、得点チャンスにもシュートをはずし、苦痛に顔をしかめながら悔しい思いをする羽目になってしまった。今もまだ痛む。先ずは治さないと...しばらく安静にしておくことにしよう。
posted by guzzan at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL

2014年05月06日

2014年 日野祭り(5/2〜5/4)

今年も日野祭りが盛大に行われた。5/2の宵宮から始まり、5/3が本番。当日は天気も良く、大勢の観光客で賑わいを見せた。早朝より、地元の曳山を神社まで牽引、午後からは大窪神輿の後ろに付く「神幣」の警固の当番に出動した。午後からは天候が急変し、強風に陣笠が飛ばされそうになるなど大変な1日であったが、無事お祭りは終了した。来年は、再来年に当番がやってくる神輿当番に備えて、神輿巡行の視察も行われる予定で、来年と再来年はさらに忙しくなりそうである。


hinomatsuri-2014.jpg
朝、綿向神社に集合をし始めた曳山。今年は全16基のうち、12基が宮入した。


gingiri.jpg
交差点で方向転換(俗に「ぎんぎりまわし」と言う)をする曳山。曳山の片側を持ち上げ、「つっかえぼう」で4輪とも宙に浮かせて、一気に90°回転させる。緊張の一瞬である。

mikoshi-2014.jpg
午後、3基の神輿が次々と綿向神社を出発。折り返し点の「ひばり野」まで向かう。3基の最終神輿「大窪」の神輿は昨年秋に金箔を塗りなおし、ピカピカになった。


shinpei-2014.jpg
今年は神幣警固の役にあたり、私も袴を着て行進した。最後尾より1枚パチリ。

hikiyama-mokei.jpg
これはオマケ。我が家にある曳山の模型。提灯の点灯も可能。子供が高校生のころ、手作りで製作した大作!?
posted by guzzan at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年04月13日

春本番

滋賀県南東部は桜が満開になった日曜日、近くにある日野川ダムに出かけた。うす曇りで少しヒンヤリするが、自転車に乗って風を切ると気持ちいい。あちこちに満開を迎えた桜の木が見える。ダムの静かな水面に釣り糸を垂れる人もいる。実にのどかな光景である。遠くから人々の話し声が聞こえるが、静けさを打ち消すものでもない。足元を見ると、ひらひらと桜の花びらが音もなく舞い落ちてくる。静かに過ぎる時間とともにひとときの華やかな春が過ぎてゆく...この週末で今年の桜は見納めになりそうである。桜が散るのと引き換えに、もうすぐ湖東地方の代表的な祭礼でもある日野祭(5/2〜5/3)がやってくる。いよいよ春本番である。

sakura1.JPG
ダムのほとりで咲き誇る大きな桜

sakura2.JPG
ダムの反対側の斜面を降りると、花見に絶好と思えるような場所があった。
posted by guzzan at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年04月05日

山王祭(さんのうまつり)

今年も山王祭の季節がやってきた。この祭りの日が来ると春がやってきたことを実感する。各町内ごとに作られた「ほいのぼり」と言われる桜を模した木が神社に奉納され、人々はその木の下で酒やお茶を酌み交わし、花見を楽しむ。周りの本物の桜の木は、ここ滋賀県南東部ではまだ満開までは行っていないが、ここだけは「ほいのぼり」で満開になった。毎年、風が強くなることが多く、肌寒い1日となるのだが、この日の朝(4月4日)は雨上がりのあと晴れ間も覗き、暖かい午前中であった。と思っていたら、お昼過ぎから小雨が降り出し、どんどん冷えてゆく。結局、午後からはいつものように肌寒い日になってしまった。しかし、それでも午前中は地元の保育園児らが遠足で訪れてきたり、露天も出店されたりと、多くの人々が賑やかに花見を楽しんだ。いよいよ春本番が近づいてきた...そんな気分になる1日であった。

sannou-fes1.JPG
朝、地元の会議所を出発。数名で「ほいのぼり」を神社の広場まで運ぶ。

sannou-fes2.JPG
神社に到着。「ほいのぼり」を立てる。下から見るとこんな感じ。

sannou-fes3.JPG
各町内から運ばれた「ほいのぼり」が集結。それぞれに少しずつ色や大きさが違う。
posted by guzzan at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年03月21日

さようなら、単身赴任生活

「光陰矢のごとし」というが、本当にあっという間の2年間だった...今から2年前、この部屋で「単身赴任スタート」の記事を書いた。この先どんな生活が待っているのか、これからどうなるのか、全く予想もつかず、それでも後戻りはできず、いろんな複雑な思いを胸に、いつ終わるともしれない単身赴任生活が始まった。50半ばにして約30年ぶりの一人暮らしだったが、体調を大きく崩したり、精神的にダウンすることもなく、何とか2年の月日を過ごした。そして、この4月から再び転勤となり、田舎の自宅に戻ることになった。いろいろな思い出が詰まったこの部屋を明日出てゆく。今夜が最後の夜である。この2年で、果たして何か成長しただろうか?この2年は自分にとってどういう意味があったのだろうか?これから始まる次の職場での挑戦で何が待ち受けているのだろうか?...いろんなことを考えてしまう一夜である。明日は朝から荷物の整理もあるので、もうそろそろ寝ることにしよう。

 さようなら、単身赴任生活。2年間過ごしたこの部屋に、支えてくれた家族に、友人に、仕事仲間に感謝、感謝、感謝です。皆さん、本当にありがとうございました。田舎に帰って心機一転頑張ります!
posted by guzzan at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年03月16日

小さい春 見つけた

今日は快晴。お昼前、散歩に出ることにした。天気はいいが、風が強く、上着がないと肌寒い。この風のせいか、よく見かける近所のネコも外出は控えているようだ。田んぼ道をブラブラしていると、道端で「土筆」を発見。春の息吹を感じる出会い?である。周辺の草も少しずつ緑色に染まりつつあり、季節の変わり目、人間の気持ちも新たに切り替わる頃である。年明けから全国的に雪が多かった今年の冬ももう終わり。そろそろ桜の開花の話題が出始める。

20140316.JPG
道端に顔を出していた土筆。小さな小さな春でした。
posted by guzzan at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年02月16日

とある華展

近くで開催されていた池坊の華展に行ってきました。会場はさほど大きくはなかったけれど、たくさんの人であふれていました。何枚か撮ったので、少し紹介します。

0208-1s.jpg
華展会場に飾られていた「ひな壇」..よーく見ると..

0208-2s.jpg
最上段のお二人は、地元で取れた「かぶら」で作ってあります。左の細長い顔は「日野菜」のようです。その他にも、卵やキノコなど、多彩な?顔ぶれ..

その他の普通の?展示物で目を引いたものを少し紹介します。

0208-3s.jpg
ちょっと楽しい感じ

0208-4s.jpg
なかなか渋い

0208-5s.jpg
パワーを感じる!?
posted by guzzan at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年02月08日

下山の勇気

ソチ五輪が開幕した。開会式の前から行われる競技もあり、実際にはその前から始まっているわけだが、モーグル女子フリースタイルもそのひとつで、ご近所出身の伊藤みきちゃんが予選に出場した、いや、出場するはずだった。ニュースで報じられているとおり、予選直前の練習で痛めていた膝を再び痛め、1回目の予選をパス。2回目に出るかどうか検討したようだが、無念のリタイアとなった。地元では4年前に続いて、公民館でパブリックビューイングの準備が行われていたが、欠場の報せを受けて、会場には大きなため息が流れていた。今回は「メダルを狙える、ひょっとしたら金メダルかも..」といった期待も膨らんでいただけに、余計に悔しい思いもする。応援している我々がそうなのだから、本人はなおさらだろう。
 登山家の金言に「下山の勇気」というものがある。登頂を目前にしている時に嵐に見舞われる。隊員を率いる隊長が下す決断は2つ。危険を承知で頂上を目指すか、隊員の危険を案じて下山に踏み切るか...前者の方が何かと美談に聞こえる風潮があるが、後者もまたそれ以上に美しい。特に獲物(険しい山の登頂に成功することや五輪でメダルを取ること等)が大きければ大きいほど、後者の選択は難しく、断腸の思いで決断を下さなければならない。しかし、掴みかけた栄光を自ら放棄して、さらに先の未来へのステップにすることの方が(マクロ的に見て)ベターなのだと決断することは、決して敗者になったということではないと思う。
 今回、残念ながら、みきちゃんは一度も五輪で滑れなかった。でも、(怪我があったとはいえ)栄光を目前にしながら「下山」の決断を選んだみきちゃんに心からエールを送りたい。
posted by guzzan at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年01月19日

寒波

今冬、最強の寒波がやってきた。朝、窓のカーテンをあけると一面の銀世界。寒さに震えながら1年ぶりに雪かきをした。今シーズンはなかなか降らないなあ..と思っていたら、とうとうこの日がやってきた。あと何回あるか..

20140119-1.JPG
昨夜からの雪で今朝は滋賀県南東部はこんな感じに

20140119-2.JPG
道端に積まれた雪
posted by guzzan at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年01月05日

やっぽんぽんの湯

鈴鹿山麓の甲賀市土山に「やっぽんぽんの湯」という温泉がある。名前から想像できるように、温泉の命名にはどうやら「たぬき」が関わっているらしい。内風呂はややヌルヌルした水質でいかにも体に良さそうである。サウナに2度入り、露天風呂でゆっくりくつろいだ。露天風呂の温度はやや低めで、風が強かったこの日は湯気が激しく舞っていた。短い時間だったが、体はポカポカになり、非常に気持ち良かった。近場にあるこの温泉、また訪れようと思う。

yapponpon-3.jpg
「やっぽんぽんの湯」の玄関口

yapponpon-2.jpg
中はホテル(ダイアモンド滋賀)とつながっており、温泉への入り口は2箇所ある。

yapponpon-1.jpg
お土産屋さんで見かけた珍しいカップ麺。地元スーパー等でもあまり見たことがない。

yapponpon-4.jpg
駐車場から見える鈴鹿山脈の山々。遠くには雪をかぶっている山も見える。
posted by guzzan at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2014年01月01日

2014年です

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
2014年が素晴らしい1年になりますように...

2014-01nenga.JPG
posted by guzzan at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2013年12月29日

奇跡の復活を願って

 ソチ五輪を目指すモーグル女子の伊藤みきちゃんが大怪我をしてしまったことは先日の記事でも書いたが、TVのニュースや新聞記事などによると、ぎりぎりまでリハビリを続けて五輪代表をあくまで目指しているとのこと。全治8ヵ月ということらしく、普通なら開幕まで2ヶ月を切った今から完全な状態に復活するのは難しい。しかし、きっと今、本人は復活することだけを信じて毎日を過ごしているに違いない。だから、地元で応援する僕たちもぎりぎりまで希望を捨てずに待つしかない。ミラクルは起こるだろうか...

miki-nobori.jpg
地元・日野町のあちこちに立てられた伊藤みきちゃんへの応援の旗
posted by guzzan at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2013年12月28日

年末寒波襲来

昨夜から急に寒くなり、今朝起きると雪景色になっていた。先週既に初雪が舞ったが、うっすらとでも積もったのは今シーズン初めてである。さきほどTVで、ここより少し北部、滋賀県の湖北地方に大雪警報が出されたとのテロップが流れていた。酷暑が続いた今夏の反動?で、この冬は寒さが厳しいとか...いよいよ本格的な冬の到来である。

snow-1.jpg
近所の朝の風景。田んぼは一面の雪景色となっていた。
posted by guzzan at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2013年12月21日

よみがえれ、信楽高原鉄道

2013年9月16日 滋賀県に大雨特別警報が発令された。あれからもう3ヶ月以上の時間が過ぎた。もう記憶の片隅から薄れつつある出来事だったが、JR草津線の貴生川駅に来ると、まだその爪跡が依然として残っていることが実感できる。12月も半ばを過ぎた日の夜、貴生川駅に来た。草津線に乗って草津まで行く用事があったからだが、草津行きの電車をホームで待っている時に、ホームの反対側を見ると信楽高原鉄道の車両が寂しげにホームに佇んでいる。もう、あれから3ヶ月以上もこのままである。貴生川駅を出てすぐのところにある鉄橋が9月の大雨の時に流され、未だに高原鉄道が不通になっているからである(今もなお、貴生川−信楽の間はバスによる代替運行が行われている)。その影響で、動けなくなった車両が今も貴生川駅でじっとしている。もう廃線になるのでは?と心配しているのだが、聞くところによると、復旧に向けて国に補助を求めているとか...。普段から利用している路線ではないが、「たぬきの里」へ続くこの鉄道はやっぱり復活してほしい。


kibukawa-1.jpg

kibukawa-2.jpg
posted by guzzan at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2013年12月14日

えらいこっちゃ!!

ソチ五輪の女子モーグルでメダルを目指している伊藤みきちゃんが、先日、エアーの練習中に転倒して怪我をしたというニュースが流れてきた。あと2ヶ月、直前のことで衝撃を受けた。今は帰国して治療に専念しているとのこと。本番までもう時間はないけれど、何とかリハビリに集中して、間に合わせてほしい。今度こそメダルを!...と、自治会をはじめ、地元日野町も大いに盛り上がっているだけに大変心配なニュースである。膝の靭帯損傷らしい。断裂でなくて良かったが、それでも治療にはそこそこの時間がかかるだろう。月曜日に報告があるらしい。今はただ、本番に間に合うことを祈るだけである。

頑張れ、みきちゃん!!
posted by guzzan at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2013年12月08日

W杯組み合わせに思う

W杯の1次リーグの組み合わせが決まった。直前まで、「死のグループに入るかも」とか、「こういう組み合わせだったら予選リーグは突破できる」など、いろいろと言われていたが、実際に決まった結果を見た私の意見は「良くも悪くもない」というか、いろいろ考えられるパターンの中では、中間くらいの結果ではないかと思う。ネットでもいろんな意見は出ているが、楽観的な意見がたくさん出ているのには少々疑問を感じる。ブラジルやドイツといったトップレベルのチームがいないというだけで、決して楽観できるグループでないことは、サッカーをよく知る者なら普通に感じ取れる。逆にブラジルやドイツがいてもいい。トップクラスを除く他の2チームが鍵を握ることになるのだから、グループリーグの日本以外の3チームは「1強2弱」というのが理想なのだが、今回のCグループは残念ながら、そうではない。初戦のコートジボアール戦はドログバやヤヤトゥーレを抑えない限り勝ちはないし、守備を固めてカウンターを狙うギリシャから確実に勝ち点3を取れるかどうかわからない。コロンビアは南米予選を2位であがった実力の上に「準ホーム」とも言えるアドバンテージがある。どう考えても楽勝グループではない。が、最悪のグループではないのだから、お家芸の「組織プレー」を発揮して何とか予選を突破してほしいものである。


日本 1−1 コートジボアール

日本 2−1 ギリシャ

日本 2−2 コロンビア


以上、1勝2分 で予選突破! こんな感じでいかがだろうか...
posted by guzzan at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL

2013年11月30日

親善試合 in 彦根

急激に寒くなったこの週末、彦根で3チームによる親善サッカーが行われた。参加チームは彦根市、京都市、向日市(京都府)の各チーム。11月も最終日となったこの日、穏やかな天気の中でキックオフされた。
 私は彦根市チームに入った。私は既に54歳であるが、私のほかに50歳を超えた選手が彦根チームに2名、向日市チームに1名いた。全員がシニア世代のチームと思われるかもしれないが、18歳の高校生、19歳の大学生など、各チームとも年齢幅は非常に広い。年齢差を考えても局面では勝負にならないところがあることは容易に想像がつく。だが、みんなそれなりに必死にボールを追う。年齢差を超えて削りあう場面も...けれど、今日も全試合が大きな怪我人もなく、無事終了した。私は数日前から足首に違和感があり、痛みをこらえながらのプレーであったが、やはり今日は厳しかった。出来がイマイチだったのは不慣れなフォーメーション(3バック)で臨んだことも一因ではあるが、やはりコンディションの問題の方が大きい。次はきちんとコンディションを整えておくことにしよう。

 明日から12月。来週、私の年齢が「+1」される...

20131130-1s.jpg
試合を終えてグラウンドの脇でくつろぐ表情は..やや「しかめっ面」か!?。痛みがあった足は何とか大丈夫だったが、足首は腫れたままで痛みは引かない。今夜は湿布をして寝ることにしよう。
posted by guzzan at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL

2013年11月23日

綿向山へ

昔の友人と綿向山登山をした。綿向山は鈴鹿山脈にある主峰で、日野町のシンボルでもある。この日は天気も良く、多くの登山客が朝から次々と入山していった。我々二人も午後10時頃から登り始め、12時過ぎ、ようやく山頂に到着した。

watamukiyama-1.jpg
綿向山の山頂。山頂の標識の横に建てられている小さな「神社」は、今から20年ほど前に多くの人が部材を分担して運んで頂上で建て直されたものだ。かく言う私も部材を運んだ一人である。そして、もうすぐまたその建て直しの時期がやってくる。

seinen-no-tou.jpg
頂上にそびえる「青年の塔」。この塔は、1970年に建立された。その時、私は小学生。この塔の下には、タイムカプセルが埋められており、当時の写真や子供たちが書いた手紙などが入っている。私のものも(何かは忘れたが)入っているはずである。建立から50年後の2020年にカプセルが開けられることになっている。

watamukiyama-3.jpg
頂上でのパノラマを楽しむ登山者たち。遠くは御嶽山も見えることがあるようだ。この日は思いのほか寒かったため、我々は早々に下山することにした。

watamukiyama-4.jpg
下山途中の5合目で休憩。山小屋の横で食事を取った。おにぎりとカップヌードルで空腹を埋めた。空気のいい山で食べる暖かい食べ物はやはり美味しい。お腹を膨らませて、このあと麓まで一気に降りた。久しぶりの綿向山、上りも下りもほとんど休憩なしに一気に歩いたので結構疲れた。健康的な?晩秋の1日であった。
posted by guzzan at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2013年11月17日

高原の秋

秋晴れの休日、信楽カントリークラブ杉山コースで1日ゴルフをして過ごした。ここはホームコース。夏は周辺の町中より5℃くらいは気温が低く、非常に過ごしやすい。逆に冬は雪こそ多くはないが、非常に寒い。信楽の町に深い朝霧がかかったこの日、このゴルフ場は高原のためか、早朝に到着した時点でも霧はかかっていなかった。今年は全国的に秋が短いように言われているが、この週末は正に晩秋の気配、来週は秋を楽しめる最後の休日になりそうである。

shigaraki-sugiyama-1s.jpg
信楽CC杉山コース(北コース)の1番ホール ティグラウンド。
真っ赤な紅葉が出迎えてくれる。
posted by guzzan at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.