2014年03月21日

さようなら、単身赴任生活

「光陰矢のごとし」というが、本当にあっという間の2年間だった...今から2年前、この部屋で「単身赴任スタート」の記事を書いた。この先どんな生活が待っているのか、これからどうなるのか、全く予想もつかず、それでも後戻りはできず、いろんな複雑な思いを胸に、いつ終わるともしれない単身赴任生活が始まった。50半ばにして約30年ぶりの一人暮らしだったが、体調を大きく崩したり、精神的にダウンすることもなく、何とか2年の月日を過ごした。そして、この4月から再び転勤となり、田舎の自宅に戻ることになった。いろいろな思い出が詰まったこの部屋を明日出てゆく。今夜が最後の夜である。この2年で、果たして何か成長しただろうか?この2年は自分にとってどういう意味があったのだろうか?これから始まる次の職場での挑戦で何が待ち受けているのだろうか?...いろんなことを考えてしまう一夜である。明日は朝から荷物の整理もあるので、もうそろそろ寝ることにしよう。

 さようなら、単身赴任生活。2年間過ごしたこの部屋に、支えてくれた家族に、友人に、仕事仲間に感謝、感謝、感謝です。皆さん、本当にありがとうございました。田舎に帰って心機一転頑張ります!
posted by guzzan at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91009195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック