2013年08月04日

【 夏の高校スポーツ 】彦根東高校と野洲高校

夏の高校総体が行われているが、注目していたサッカー競技では野洲高校が1回戦で残念ながらPK戦で韮崎に敗れた。昨年のチームは、「久しぶりに全国制覇も狙える」と思われていた(昨年の高校横綱と目されていた青森山田を冬の選手権で一方的に押し込んだ試合は記憶に新しい)が、さすがに県立高校で2年連続で全国トップの強力なチーム作りは難しいのであろう。実際に見たことはないが、いろいろな記事から推測すると今年のチームは例年と少し色が違うようなことも言われている。一度見て見たいものである。

 それから、もうひとつ、彦根東高校が甲子園出場を決めた。彦根東はいわゆる藩校(弘道館といったらしい)であり、県内屈指の進学校である。今年の甲子園出場校では唯一の藩校であり、文武両道のお手本である。ついでに、彦根と言えば、今をときめく?短距離選手「最速の高校生」桐生選手の出身地でもあり、地元・彦根市はこのところ盛り上がりに事欠かない。地元のアイドル「ひこにゃん」も喜んでいるだろう。頑張れ!彦根東高校!
posted by guzzan at 18:32| Comment(1) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
文武両道をやってしまうとどっちつかずになうリスクもあります。勉強にしても、スポーツにしてもその道を究めるには一つに絞るのがよかろうと思います。

今回の彦根東の甲子園出場はお見事。ぜひ、日本一の文武両道というものを見せてほしい。

また、彦根東の甲子園出場に負けず、全国高等学校選手権(インターハイ)つまり全国大会に出場して、東大、京大、医学部に進学している人がたくさんいますよ。

卓球では、荒木基亮さん、高藤江美子さん、高藤雅史さん、山本章さんなどが医学部に。

陸上では、長幡樹さんが医学部に、小山俊之さん、櫻井大介さんが京大に、渡邉拓也さん、早川晃司さんが東大に、また開成高校の向井頌之さんはインターハイ出場を決め、医学部を目指しているらしい。

水泳では、中渡瀬智さん、杉浦祐太郎さん,下河原達也さんが医学部に、足立やすしさん、佐藤豪さん、山田尚輝さん、中辻雄哉さんが京大に、富永航平さん、岡崎健斗さん、が東大また、シンクロでは日本代表にも選ばれた加島文葉さんが医学部に。オリンピックに出た長崎宏子さんも文武両道で有名でした。

剣道では、鳴本敬一郎さんが医学部に。

サッカーでは、木村剛さんが東大に。

ゴルフでは、辻田晴也さんが医学部に、北側裕次郎さんが京大に、高野隆さんが東大に。

バスケットボールでは、神ア恒一さん、對馬誉大さんが医学部に。

他にもそういうかたはたくさんいます。

要は本人の努力次第なのでしょうかね。
Posted by もす at 2013年08月12日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71787148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック