2012年12月31日

青森山田 vs 野洲

< 野洲 1−1(PK2−4) 青森山田 >

全国高校サッカー選手権大会が始まった。私の故郷・滋賀県代表の野洲高校は、青森山田高校と対戦した。この試合、互いに優勝候補同士ということもあって、新聞、雑誌などでも1回戦の目玉カードとして紹介されていた。試合は、前半ロスタイムに青森山田がロングシュートで先制。後半に入ると野洲が盛り返し、同点に追いつく。その後は野洲が一方的に攻め込む展開になったが、結局両チーム譲らずPK戦になり、野洲は2−4で敗れた。内容的には勝っていたので、この敗戦は非常に悔しいものとなった。それにしても、野洲高校は今年も独特のスタイル(巷では「野洲スタイル」と呼ばれているが)で楽しませてくれた。狭いスペースでのドリブル突破、TVではわかりづらいほど細かなパスまわし、意表をつくヒールパス...見ていて確かに面白い。けれど今回は勝ちきれなかった。体格的に小粒な選手が多く、サイドからのセンターリングはほぼ皆無、シュートもペナルティエリア内からしか打つ気配なし、とことん足元でボールをつないでDFを崩してからシュートを狙うというスタイルを最後まで貫き通していた。勝負という観点からすると、やはり真ん中に大きな選手が一人でも二人でもいればなあ...と思ってしまう。でもまあ、これが「野洲スタイル」。次のチームがどんなチームになるのかわからないが、野洲高校はこのスタイルを続けてほしいと思う。今のテクニカルなスタイルに加えて、決定力のあるビッグな選手が現れた時、野洲高校は本当にとてつもなく強いチームになるだろう。そんな初夢を一足早く今日(12/31)見たような気がする。
posted by guzzan at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61144469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック