2011年11月15日

【W杯予選】北朝鮮1−0日本

ピョンヤンで行われた試合は、残念ながら0−1で敗れた。キックオフ時間が夕方だったため、仕事中でもあり、生中継で見ることはできなかった。いろいろな記事を見ると、やはりものすごいアウェイの雰囲気に呑まれたようだ。何名かの主力メンバーを使わなかったようだが、それが理由で負けるのなら、まだまだ実力はそんなもんだということ。来年の最終予選は毎試合こんなぎりぎりの試合が続く。「ザック就任以来負けなし」などと能天気なことを言っていると痛い目に遭う。今回の敗戦は、「目を覚まさせてくれた冷や水」だと思いたい。
posted by guzzan at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50464962
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック