2011年09月07日

W杯予選 ウズベキスタン 1−1 日本

アウェイとはこんなもの...日本が苦戦する典型的な試合であった。選手の動きが重く、こぼれ球はほとんど拾われる、細かいパスやドリブルは相手の足に引っ掛かる、シュートはバーに嫌われる...「追いついただけでも良かった」というのが正直な感想。2試合を終えて思うこと...本田のそのまま代役になる選手は今はいない、ハーフナー・マイクは重要な武器になりそう、遠藤か長谷部の次に計算できるボランチの出現はいつか等々...、次はホームでのタジキスタン戦。すっきり勝ってほしいものである。
posted by guzzan at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47788752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック