2009年11月15日

南アフリカ vs 日本

南アフリカ 0−0 日本

「ブブゼラ」とかいう楽器?が鳴り響き続け、非常に音声が聞き取りにくく、また映像もスタンド庇の日陰に入るとボールも人も全く見えない。来年のW杯の放送がこんなレベルだとちょっと心配である。
 試合の方は両チームとも全体を通じてシュートが少なく、スリリングな場面も数えるほどしかなかった。南アフリカは引き分けで十分と考えていたような感じ。いつものことながら、こういう相手から点が取れない。「前半は機能していなかった」という記事が多かったが、稲本の1ボランチは悪くなかった。岡崎の裏への抜けだしも悪くない。大久保がちょっとブレーキか?本田もあまりいい出来ではなかたように思う。後半、中村や松井らが投入され、前半よりはチャンスが増えたように見えたが、中村もコンディションはよくなさそう。やはり遠距離移動でお疲れなのか...いずれにせよ、このままではベスト4はおろか、予選リーグ突破も危ういと見る。森本や香川、山田直、渡辺千...新しい、若い血の注入を期待したい。
posted by guzzan at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33657968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック