2016年01月31日

(祝)アジアチャンピオン

リオデジャネイロ五輪 男子サッカーアジア予選 決勝
 ○日本3−2韓国

 やりました、優勝です。夜中、最後まで起きて見ていて良かった。もともと優勝なんて難しいと言われていたチームだったし、決勝に残ったと言っても相手が韓国ということを考えると「本当に勝てるのか?」と思っていた。今回の韓国代表は今までのイメージと少し違って、細かいパスワークを織り交ぜる「日本に似たような」サッカーをするチームになっていた。前半に相手のシュートが日本DFの足に当たってコースが変わり、不運な失点をする。後半開始直後にも1点失い、早々と0−2となってしまった。2−0というスコアはサッカー関係者の間では、勝っている側から見て「怖いスコア」だということをよく言う。それは、1点返されて2−1になると、俄然追いかける側に勢いが出て、形勢が逆転してしまうからだ。しかし、その言い伝えを知ってはいても、まさか本当にその通りに試合が進むとは思ってもみなかった。
 今回の予選は目標としていた五輪切符を獲っただけでなく、6戦全勝で優勝という最高の結果が出た。五輪本番に向けて非常に嬉しいニュースとなったが、五輪本番ではさらにレベルの高い相手との勝負となる。オーバーエイジ枠を使ってネイマールなども出てくるかもしれない。日本もさらにレベルを上げないと太刀打ちできないだろう。噂では、宇佐美や大迫の名前も出ているが、いっしょに予選を戦ったチームの何人かは非情にもメンバーから外されることになる。かわいそうだけれど仕方がない。これからはまた新たなU23日本代表チームのスタートである。その成り行きを注意深く見てゆきたい。
 とにかく、優勝、そしてアジアチャンピオン、おめでとう!!
posted by guzzan at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173136997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック