2015年06月20日

雑感

先日行われたW杯アジア予選の日本vsシンガポールの試合は残念ながら0−0の引き分けに終わった。W杯アジア予選の初戦は難しい試合になるのが通例?で、過去にも0−0のままロスタイムで決勝点という試合が幾度かあった。今回も同様の展開で、ゲームは支配するもののゴールが決まらず、今回はロスタイムの奇跡!?も起こらなかった。監督が代わってから、目指すサッカーが再認識され、3度の親善試合ではそれなりにいい結果を出していたが、アジアの格下チームを想定した試合運びは練習していなかったように思えてしまう。国内でも大学生チームや高校生チームと試合をすれば、よく似た展開になりそうな気がするのだが...アジアの格下チームとやる前にそういうマッチメイクをするのはどうだろうか?次は9月だが、その前に東アジアカップが8月上旬に中国で行われる。ここでは是非、国内組のフレッシュなメンバーを使ってもらいたい。停滞するチームには、新しい顔の突き上げが必要である。
 さて、話は代わって、今日は私も朝からサッカーの試合(練習試合)に行ってきた。ミニゲーム程度は普段もやっているが、フルコートのサッカーは久しぶりである。どんよりとした曇り空、ジトッとする湿気の中、60分間試合に出場した。40分はボランチ、20分はトップ下をこなした。トップ下は何年ぶりだろう?相手チームが若いチームだったため、なかなかボールをキープできず苦戦したが、何とか怪我なく試合を終えた。この歳になるとスピードの欠如を痛感する。足元にボールがあれば何とかさばけるが、フィフティフィフティのこぼれ球を先に触られてしまうため、ボールをキープする機会が減ってくる。56歳、あと半年で57歳。今からスピードアップ、いやスピードの回復は望めないのだろうか...考えてみよう。

20150620.jpg

会場のグラウンドにて。湿気が多く、少しアップしただけでも汗が止まらない。でも、芝生の上で汗をかくのは本当に気持ちがいい。怪我をせずに試合を終えることが最近では一番大事になってきた!!
posted by guzzan at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/143552079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック