2015年01月23日

準々決勝敗退

<2015アジアカップ 準々決勝> 日本代表 1−1(PK 4-5)UAE代表

 残念な結果で終わった。序盤に先制された後は日本が押し気味に試合を進め、後半には柴崎のゴールで同点に追いつき、その後は延長も含めてほぼ一方的に攻めた。が、毎度のごとく、点が入らない。長友が足を痛め、走れなくなってからも決定的なチャンスはあったのだが...PK戦になれば、もうチーム力の差はほとんど関係なくなる。くしくも、本田、香川という今まで代表を支えてきた2枚看板がPKを失敗し、試合は終わった。コンディション的にも苦しい状況ではあっただろう。しかし、内容で圧倒しながら負けるのはやはり何とも悔しいではないか!...PKを外した2人の問題ではない。90分で、あるいは120分で決着をつけられなかったこと自体が問題である。このあと、監督問題がどうなるのか、そのことがクローズアップされてくることが予想されるが、誰が監督をするにしろ、ブラジルW杯メンバーに頼りきっている現状を変えないと前進はないように思う。
posted by guzzan at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112517040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック