2014年12月31日

初戦突破

全国高校サッカー 1回戦 草津東高 3−1 遠野高

冬の風物詩でもある全国高校サッカーが始まった。滋賀県からはここしばらく野洲高校がすっかり常連となり、全国でも滋賀県の高校サッカーと言えば「野洲高校」と返ってくるほど有名になった感があるが、全国大会で決勝までいったのは、草津東高の方が先である。久しぶりの全国大会となった草津東の戦いぶりがどうなのか、非常に興味があった。1回戦は岩手県代表の遠野高校。岩手県も最近では野洲高校優勝の翌年に盛岡商業が優勝を飾り、レベルは高くなっているので、拮抗したゲームになるだろうと思っていた。試合は終始草津東が主導権を握り、3−1で初戦を突破した。草津東の試合を何度も見たわけではないが、今日の試合を見る限り、スペースの使い方や前への突進力、守備陣の読みという点で勝っていたように思う。2回戦は優勝候補の筆頭にあげられる東福岡高校。前評判では個人のレベル、チーム力の両面で突出したチームらしい。横綱相手に喰らいついて、面白い試合にしてほしい。
posted by guzzan at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109360358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック