2015年12月26日

大河原温泉

 友人といっしょに鈴鹿山麓にある「大河原温泉かもしか荘」に来た。自宅から30分もかからないところにある小さな温泉である。訪れるのは久しぶりだ。近くの河原は夏になるとバーベキューを楽しむ家族連れなどで賑わうが、さすがにこの時期はひっそりしている。¥500の入浴料を払い、内風呂、露天風呂、サウナと渡り歩き、友人とゆっくり語り合った。静かにゆっくりと流れる時間を感じながら、お湯につかる。いいものである。

kamoshika-1.JPG
かもしか荘の庭はまだクリスマスの装飾が施されていた。しかし、周辺に人はあまりいない。

kamoshika-2.JPG
野洲川の上流、かもしか荘の横にかかる橋。昔、子供が小さかった頃によくバーベキューをしに来た河原である。
posted by guzzan at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.

2015年12月20日

おめでとう!広島

<FIFA クラブW杯 3位決定戦>
 サンフレッチェ広島 2−1 広州恒大

お見事、逆転です。アジアチャンピオンズリーグでJリーグ勢が苦杯をなめ続けていた広州にやっと勝ちました。しかも世界中が注目する試合なので、広島というチーム名も世界に広まったでしょう。クラブW杯での戦いぶりは非常に素晴らしかったですね。ペースが握れない時間帯も落ち着いた試合運びが出来ていたと思います。日本代表に入っていない若手も良かったです。ハリルホジッチ監督も観戦していたので、ひょっとすると何人か広島から選ばれるかもしれません。来年のJリーグでも間違いなく優勝争いに入ってくるでしょう。ガンバ大阪ファンとしては、その広島に勝って優勝してほしいですが...とにかく、今日は「おめでとう!広島」です。
posted by guzzan at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL

2015年12月06日

親友との不思議なご縁

私の旧知の親友にKくんという人物がいる。過去、このブログにも登場している幼なじみの友人である。彼とは小学校の頃に出会い(もっと前から実際は出会っていたかもしれないが)、その後、中学から高校と同じ学校で学んだ(しかも、中学、高校ともに卒業年度の最終学年ではクラスも一緒になっている)。大学はそれぞれの道に分かれ、私は京都に、彼は金沢に住みついて生活をしたが、それでも定期的に連絡を取り合い、定期的に会って、言い方はちょっと古いが「青春時代」をともに歩んできた。社会人になってから35年が経とうとしているが、お互い子供が自立を始めるようになった今も相変わらず彼との親密な付き合いは続いている。
 そんな彼との出会いには実に不思議なご縁(友人宅の倉で発見された書物で判明)があったことをつい最近知ることとなった。詳しいことは彼がブログに投稿してくれているのでそちらをご一読いただきたい。

(↓)
http://kogame56.sblo.jp/article/168149363.html

 何と私の叔父にあたるK.Yさんと彼の父上が戦時中、異国の地で共に人生を送った親友同士であったというのだ。2人とも早くして無念の死を迎えてしまうことになるのだが、亡くなったK.Yさんの実家に養子として移り住んできた夫婦にできた子供(私)と、同じく亡くなったS.Kさん甥っ子にあたるKくんが、戦後70年の時を経て、その事実を今まで知らずして偶然にも親友となって付き合いを続けている。何と不思議なご縁であることか。亡くなったお二人の魂がまるで私たち2人にそれぞれ乗り移ったような、ある意味そんな素晴らしい話である。70年の時を経て偶然にも続いているこのご縁をこれからも大切にしてゆきたい。

posted by guzzan at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC.